MENU

 LINE交換のあとは、大変に順調なやりとりを進めていく事ができるようになりました。
これだったら課金をされる必要もありませんから、自由にのびのびとシオリとの交流を深めていく事が出来たのです。
トークから始まったのですが、無料の通話をすることもできるようになり、より深い会話を楽しむことができるようになりました。
彼女と話しているとかなり受け身なのがよく分り、Mっぽさを感じていきました。
通話でエッチな会話をしていくと彼女凄く感じているのが手に取るようにわかるのです。
「そんなことばっかり言うから…何だか変な気持ちになりました…」
お嬢様らしい雰囲気とともに、みだらな息遣いになっている彼女がとてもいやらしく感じて自分も凄くドキドキしていました。
「シオリは、エッチな気分で濡れてしまっているんだな」
「は、はい…直幸さんが変な事ばかり言うから…」
「本当に悪い子だね、そのままエッチな声を聞かせてみな」
「は、恥ずかしいです…」
このようなやりとりをした結果、彼女とテレホンセックスをすることになっていきました。
随分前に知らない女性とやった経験がありましたけれど、その時よりも遥かに興奮度は高いものがありました。
何と言っても清純系の女性だったし、彼女自分のリードでかなりの雰囲気を作っていたことからも、その支配感に満たされてものすごい満足する気持ちになっていました。
とてもエロい声を出し続け、彼女はオマンコを触り続けてくれました。
ヤリマンじゃない女性を、こんな気持ちにさせていくと言うだけでも男にとっては、たまらなく魅力を感じてしまうものでしょう。

通話を続けながら彼女にエッチな言葉を投げかけ続け、自分も彼女と同様にペニスをシコシコさすり続けていきました。
2人して盛大に絶頂を楽しんでいきました。

 

ヤリマンが集結する定番サイト登録無料
セフレサイトランキング
自分好みのセフレを掲示板で検索